建築士の仕事はどんなことをするの?

建築士の給料はどのくらい?

医者や公務員がどれくらい給料をもらっているのか、一般にもけっこう知られていますが、建築士がどれくらい給料をもらえるのか、これは一般にはあまり知られていません。

では建築士はいったいどれくらい給料をもらえるのでしょうか。ざっくり言ってしまうと給料の額は人によって異なります。建築事務所を個人で経営しているのか、それとも会社に雇われているのかで大きく違いますし、また事務所内の地位や個々の能力によってけっこう違います。それを承知で言えば下は年収3、400万から上は2、3000万くらいでしょう。(もちろん年収が億を超えるスーパー建築士もいますが、例外的存在なのでここでは除外します)基本的に建築士は個人で事務所を持っている、つまり経営している人の方が、雇われ建築士より稼げます。

これは一般サラリーマンより経営者の方が儲かるのと同じです。ただし、これも一般サラリーマンと経営者の例と同じなのですが、経営者は建築の仕事だけでなく、色々なところに出て人脈を作ったり、営業活動を熱心に行ったり、多種多様なことを行う必要があります。それが全部オールマイティに出来る建築家なら年収3000万くらい稼ぐことも夢ではありませんが、そうでないのなら雇われ建築士より稼げないことになります。

なので、自分が経営者に向いているかどうかよく考える必要があります。向いていないのなら、無理に独立しようとするより大手ゼネコンなどに雇われたほうが稼ぐことが出来るでしょう。自分で事務所を経営している建築家ほどは稼げませんがそれでも年収600万から1000万くらいは稼ぐことが出来ます。人に使われることが嫌いでないのなら、大手ゼネコンに雇われて安定した生活を送るのも手だと言えます。

仮にそれも出来ない場合、つまり小さな建築事務所の雇われ建築士になったとしても年収400、500万くらいは稼げるでしょう。実業家のように物凄く稼げるわけではありませんが、それでも不安定な現代日本でこれだけ稼げるのなら御の字だと言えます。建築士の給料についてまとめると、自分で建築事務所を経営している建築士、大手ゼネコンに雇われている建築士、その他の建築士の順で給料が高いです。事務所を経営している建築士なら年収数千万円も夢ではありません。

そこまでいかなくても大手ゼネコンに雇われている建築士なら年収1000万もありえますし、それ以外でも家庭を持って食べていくことくらいは出来ます。日本の現状を考えれば、建築士は十分恵まれた職業と言えるでしょう。

©2016 建築士の仕事はどんなことをするの?